ブログ
2015/05/12

相続 vol.2

投稿者:所長

今回は、遺産分割でのご相談からご紹介いたします。

Q、私は、母の相続で不動産を弟と共有で相続しました。我々の代は兄弟ですし関係も深くて良いのですが、今後相続で更に下の代に不動産が相続されていくと、共有者が増えたり共有者間の関係が薄くなったりで問題が生じてくることがあると思い、私どもの代で共有を解消したいのですがどのようにしたらよいでしょうか?また、共有を解消した場合に譲渡所得税は発生するのでしょうか?

 

A、共有物の分割は、交換と売買です。交換といっても持っている不動産を売却し、新しい不動産を購入する取引と考えます。

その際、譲渡所得税は原則発生しません。不動産取得税も原則発生しません

�譲渡所得税

共有にかかる土地について持分に応じた現物分割がされた時は、現物による土地の譲渡はなかったものとして取り扱われます。

 また、分割された各々の土地の面積比と共有持分の割合とが異なる場合であっても、分割後の各土地の価額比が持分割合とおおむね等しい時は、分割による土地の譲渡はなかったものとして取り扱われます。隣接する2筆の土地が共有の場合は、合筆せずに直ちに分割できます。

しかし、隔地間の数個の土地について共有者がそれぞれ単独所有権を取得することを目的として行われる交換は、固定資産の交換の特例の要件を充していなければ課税対象となります。

 また、換価分割や持分に応じない不動産の分割、つまり全面的に価額で共有物を分割する場合は課税対象となります。共有物の分割により生じる過不足を金銭で調整する場合、その調整した部分が課税対象となります。

�不動産取得税

一つの共有不動産を共有持分に応じて単純に分割する場合以外は課税対象となります。

また、数個の不動産を共有者がそれぞれ単独所有するための交換は新たな不動産の取得として不動産取得税の課税対象となります。