業務案内

遺言・相続

はじめに

 ご家族が亡くなられてしまった場合、悲しむ暇もなく相続の手続が始まります。相続に関する手続は、遺産分割の協議、登記の移転、また預金などの名義変更、そして相続税の納付など複雑多様です。しかも、遺産分割と相続税の納付などについては、一定期間以内に行わないと不利益になるものもございます。

 また、財産の調査、相続分と具体的な相続額の計算、法律にのっとりつつ相続人全員が納得いく遺産分割協議書の作成、遺留分の請求など、高度な専門的問題が多数あるのが相続問題の特徴でもあります。そして、相続準備として、生前から遺言を作成したり、相続税対策をするなど、多分に予防的・戦略的な面も含みます。

 これら一連の問題を、お客様だけで解決するのは難しいケースも多くございます。そこで、マックス総合法律事務所は、相続に関する総合的な問題解決サービスを提供しています。「とにかく相続問題はこの事務所に依頼すれば大丈夫」、そんなワン・ストップサービスを提供させていただきます。

遺言・相続問題解決サービス

法律相談

詳細に事実関係を聞き取りし、依頼者様のニーズを明確にし、それを達成するための手段と見通しを説明させていただきます。

相続人調査

戸籍などを追跡し、誰が相続人になるのかを民法に従って判断します。これにより、遺言や遺産分割をするための土台が築かれます。

財産調査

相続財産がどこにあるのか、土地などの相続財産がいくらと評価されるのかを調査・評価します。これにより、遺言や遺産分割をするための土台が築かれます。

遺言書作成

遺言書を作成することにより、誰にどの程度財産を分配するかを決定します。これにより、遺言書を作成される依頼者様の望みを実現したり、将来の遺産トラブルを予防します。

遺言執行

遺言は、遺言を作成した方が亡くなって初めて効果が生じるので、遺言を作成した依頼者様が遺言の内容を執行することはできません。当事務所の弁護士が遺言執行者となることで、公平・適正に遺言を作成した依頼者様の意思を実現させます。

遺言無効

偽造や法律の要件を満たしていないとして遺言が無効であることを主張します。

遺産分割協議

法律や遺言にのっとり、相続人全員が公平で納得できる形で遺産を分割します。相続税にも配慮した協議内容とします。
協議の内容は遺産分割協議書という書面にします。遺産分割協議書は、登記や各財産の名義変更、相続税納付のための重要な資料となります。

遺留分減殺請求

相続人には最低限相続できる相続分というものが保障されており(これを「遺留分」といいます)、これを侵した遺言や分割を取り消して、依頼者様の遺留分を取り戻します。

相続放棄

相続は、プラスの財産だけでなく、借金・ローンなどマイナスの財産も相続します。プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合には、相続放棄をすることにより、依頼者様の不利益を防ぐことができます。